« 来春入社予定Oさんから「私の就職活動を振り返って」 | トップページ | ヤングドライの「きもの館」がNHKで紹介、さらに・・・ »

クリーニングの裏側 ~工場見学でわかったこと

平成22年4月入社予定、Tさんからの投稿です。
私は、これまでに2度、クリーニング工場の見学をしました。
一度目は、ヤングドライの会社説明会の時でした。
洋服が次々と流れていく工程や、衣類にビニール袋がかけられている瞬間などの
「クリーニングの裏側」を初めて知る機会でもあったため、とても新鮮な体験でした。
 就職活動は、今まで知らなかった物づくりの作業や、私達の手に製品が届くまでの工程を知る機会でもあるので、実際に自分の目で見るのは新しい発見や勉強にもなると思います。
二度目は、店舗受付のアルバイト中でした。ヤングドライには、パート・アルバイトの新人受付カウンター全員が受講する「10時間研修」というものがあります。その時、ヤングドライでのアルバイトの際に学んだことと、工場見学を通して繋がったことがあります。
店舗ではお客様からお預かりしたワイシャツ全てにポケット点検をし、留めてあるボタンを外すよう指導されます。カフスのボタンも、ボタンダウンなどのエリのボタンも全部です。1つでもボタンが外れていないまま工場へ出してしまうと、工場でワイシャツのプレスをする工程で、手を止めて外す必要が出てしまいます。乾いたワイシャツのボタンは外しやすいのですが、濡れていると外しにくく、時間がかかってしまうのです。
このように、工場の作業工程を体験し見学することで、「作業の意味」を理解し仕事に対する実感をより強くすることができました。この経験で学んだことを活かしながら、入社後は目標を持って仕事に取り組んでいきたいと思います。

平成22年4月入社予定者作の記事も、今回のTさんで最終回となります。Tさんは富山県出身の女性で、昨年の夏ごろから店舗受付のアルバイトをしてくれていました。

Tさんが書いてくれたように、「Yシャツのボタンを外して工場へ送る」、店舗で行うこの作業は、工場のプレス担当が仕事しやすいように、という思いやりの作業なんですね~。

ちなみに、お店では時々「前のボタンが全て留められたままのYシャツ」をお預かりすることがあります。どうやって脱いだの???・・・・・

・・・・中田

« 来春入社予定Oさんから「私の就職活動を振り返って」 | トップページ | ヤングドライの「きもの館」がNHKで紹介、さらに・・・ »

ヤングドライをもっと知りたい!」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングの裏側 ~工場見学でわかったこと:

« 来春入社予定Oさんから「私の就職活動を振り返って」 | トップページ | ヤングドライの「きもの館」がNHKで紹介、さらに・・・ »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31