« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年2月

入社予定者からのメッセージ その2

 2012年2月29日の記事です。

4年に一度の日って、何か特別なカンジ・・・・ですね!

さて、今年、平成244月入社予定の方からのメッセージです。

現在就活中の皆さまに、伝わる何ががあるのではと思います。

今日ご紹介するのは、ビジュアルバンド大好きのMさんメッセージです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は3年生の10月から就職活動を始めました。
始めたと言っても、ただひたすらエントリーし続けただけです。
私はインターンシップに行ったこともなく、特に就きたい職業もありませんでした。
就職氷河期と言われている現在、そのことを知りながら心の中では「なんとかなる」と、漠然と就職活動をしていました。

大学の授業などで履歴書や自己PRを書く練習をしましたが、なかなかうまくいかずに就職センターで号泣する日もありました。
「自分には何もアピールできることはない」と落ち込む日もたくさんありました。
毎日毎日泣く時もありました。
しかし練習を重ねるごとに完成する履歴書を見て、自分を知るいい機会になりました。

冬からは本格的に、説明会の予約が取れた企業にとりあえずたくさん足を運びました。
中には一次試験があったり、書類選考があったりしましたが、漠然と就職活動をしている私はどれも通過することができませんでした。
「このままではいけない」と思いながらも就職活動はなかなかうまくいきませんでした。

うまくいかず泣いてばかりの私に、友人や母は毎日のように励ましてくれました。
何度もくじけそうになっても、諦めずにやってこれたのは周りの支えのおかげです。

そんな中、ヤングドライに出会い人生が変わりました。
私は愛知県の大学に通っていますが、出身は富山県ですので運命みたいなものを感じました。
内定をいただけた時は本当に嬉しかったです。

長い就職活動を通して、私は「諦めない」ということを学びました。
 
今まで何度も途中で投げ出してばかりでしたが、そんな私が諦めずにやったということは、自分の成長にも繋がったと思っています。

これから就職活動をする方、今就職活動をしている方、就職活動を続けていく中で辛いことも、くじけそうになることも、嫌になることも、たくさんたくさんあると思います。
しかし諦めなければ絶対に努力は実ります。
「もうダメだ」と思ったら休憩しましょう。
そしてまた一から諦めずに頑張ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

就活、厳しく辛くても、それが「諦めない」ことを学ぶ体験になる、

これは、社会人になるための大切なステップでもありますね!

・・・中田

入社予定者からのメッセージ

 2012年2月21日のブログです。

今年、平成244月入社予定の方から、現在就職活動中の皆さまに向けてメッセージを書いてもらいましたので、ご紹介したいと思います。

最初にご紹介するのは、茶道に詳しい愛知県出身のSさんからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私の就職活動の始まりは、大学3年生の9月頃でした。

世間では就職難と騒がれていて、「内定を貰うのは簡単ではないな」と感じていたし、

いろんな世界を見てみたいなとも思っていたので、エントリーはいろいろな会社に手当たり次第しました。

説明会や1次選考は、多い時で1日に3件足を運びました。

なので就職活動初期は、忙しかったけれどいろんな会社を見ることができてとても充実していました。

だって、会社の内部をここまで大っぴらに見せてくれるのは就職活動中の「今」だけですよ!!

そういった意味で、毎日楽しかったです。

しかし、3月・4月と続けざまに最終選考が通過できなかったことで、

就職活動を続けることに対するモチベーションが下がってしまい、一気に就職活動漬けの毎日が嫌になってしまいました。

そんな中、本屋でたまたま手に取った本に書いてあったのが、

「結婚は、『この人と幸せになりたい』と思ってするのではなく、

『この人と様々な困難を乗り越えていきたい』と思える人とするものだ」

というようなことでした。

私は、「そうだったのか!!これはきっと就職活動でも言えることだ!!」と思い、

そこからまた新たな思いで就職活動を続け始めたところでヤングドライに出会い、内定が決まりました。

私のように、いろいろな業界の会社に目を向け過ぎていると大変だし、

どうしても広く浅い業界研究しかできなくて不利な部分も多いかもしれません。

しかし、もしも私が業界を絞って就職活動をしていたら出会えなかった会社はたくさんあるし、ヤングドライに内定することもなかったと思うので、

私は就職活動中の皆さんに是非、いろいろな会社の説明会にまずは足を運んでみることをおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・

「結婚は、『この人と幸せになりたい』と思ってするのではなく、

『この人と様々な困難を乗り越えていきたい』と思える人とするものだ」

本当に、含蓄のある言葉です!

結婚と就活、お互い想い想われての結びつきが幸せを呼ぶのも共通していますね。

・・・中田

2012年 内定者懇談会のご報告

2012年2月17日のブログです。

定例の木曜日から、一日遅れの更新となってしまいました。

今日の富山は、豪雪です。

朝から絶え間なく雪が降り続け、あっという間に積もってしまいました。

どこへ行くにも、いつもの倍以上かかってしまう雪の日・・・ユーウツです

さて、遅ればせながら今年の「内定者懇談会」のご報告です。

今年は、1月末に名古屋で行いました。

当社では、毎年参加者にお願いするワークとして、

ヤングドライの支店名を覚えてください

というのがあります。

現在、ヤングドライの支店は25支店。

それぞれの支店には、売上・従業員数などの規模や付随設備、歴史、マネージャーの個性などなど・・・特徴があります。

もちろん、内定者の方々には、まだ各支店の特徴などはわかりません。

でも、まずは各エリアにある支店の名前を憶えていただく。

そして入社後、さまざまな場面で各支店にまつわる情報を見聞きしていただきながら、特徴を理解していただく・・・

これは、将来的に「**のことなら●●支店に聞けばよい」、といったシゴトの進め方につながる一歩です。

このように、新入社員への教育は、内定者懇談会から始まっているのです。

・・・中田 佳子

企業採用担当者からのメッセージ

 2012年2月9日の記事です。

企業の採用担当者として、様々な場面で

「ヤングドライって、こんな会社ですよぉ~」

とメッセージを発信しています。

会社の歴史、営業エリア、支店数、売上、提供サービス、スタッフ数・・・等など。

そんな数字やキーワードから、皆さんに正しくメッセージは伝わっているのかなあ、と、ふと思いあぐねることも。

たとえば、スタッフ数。

ヤングドライグループ全体のスタッフ数は、1100名弱。

多い、と感じますか?それとも?

実際は、ほとんどの新入社員は「こじんまりした会社」という実感を持つのでは、と思います。

新卒で入社されると、25ある支店のどこかに配属されますが、各支店に常時出勤しているのは最大50名、ほとんどの支店では10~20名ほどなんです。

これは、1100名のうち600名ほどは、店舗勤務だからです。

だから、新入社員はまず、支店で家庭的なムードを感じられるはず。

こういった、数字の周辺にある実感を採用担当としてお伝えできれば、と考えています。

・・・中田

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31