« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

ヤングドライ エリア拡大で目指すもの

2012年12月25日のブログです。

みなさんにとって、どんなクリスマスですか?

心癒される、それともドキドキワクワク?ラブリー?

私は家族と、スリルいっぱいクリスマスでした。小2の娘は、まだサンタさんを信じているのですが、隠してあったプレゼントが見つかってしまい・・・ 

ま、それはともかく、前回の続きです。

12月18日の北陸中日新聞掲載、ヤングドライ社長 栃谷義隆への取材記事です。

・・・・・・・・・以下、引用開始

問題をいかに想定して、前倒しで対応できるか、これが大事だ。これからも経営が厳しくなる要因は山ほどある。その一つが2014年と15年に予定されている消費増税。クリーニング料金に転嫁したいが、できないと思う。それならどうするか。収益を上げること。税率が上がるときには、「うちは収益が上がる体質に変わりました」と言いたい。それでこそ「アメーバ」の本領発揮だ。

 今はできないが、一年後の自分たちにはできる。この「未来進行形」という考え方で、ちょっと高い目標を掲げて実行してきた。言葉通りに北陸から飛出し、中京や関西にも出店した。しかし、営業区域を広げるのが目的ではない。「やるからには、地域で一番の店になりたい」

 北陸、中京、関西を三本柱に会社を成長させるつもりだ。「店を出している県でリーディングカンパニー(業界をリードする企業)を目指す」子供の時の作文が本当になるか。

・・・・・・・・以上、引用終わり

「社長を語る」新聞掲載記事

 2012年12月20日のブログです。

12月18日の北陸中日新聞に、ヤングドライ社長 栃谷義隆への取材記事が掲載されましたので、2回にわけてご紹介します。

経営破たんしたJALを、異例の速さで再建、再上場を果たしたことで、改めて「経営の神様」と尊称されている稲盛和夫氏の編み出した「アメーバ経営」を学ぶヤングドライの体質がわかりやすく語られています。

・・・・・・・・・・・以下、記事引用

Skmbt_c45212122008200

「稲盛流で地域一番店に」

 

 物心ついた時から「将来は社長になるんだ」と思っていた。近所から「洗濯屋のよっちゃん」と呼ばれていたからかもしれない。小学6年生の時に作文で「日本一の洗濯屋になる」と書いた。家業のクリーニングを継ぐことに迷いはなかった。

 大学卒業後、東京で2年働きUターン。それから8年間、営業で現場を走り回り、32歳の時に京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が主宰する「盛和塾」ができると聞き、塾生になった。「任されるものが大きくなると、責任もついてくる。経営者の学びも必要と思い始めた」ころだった。今も塾生だ。

 経営の柱は稲盛氏が生み出した「アメーバ経営」と呼ばれる小集団の部門別採算の管理手法。最近では破たんした日本航空再建に使われたことで知られる。売上などの計画と実績をその日その日で確認するやり方で、現場に採算意識が根付いた。「何かおかしい、と思うのは私より社員が3日間ほど早い」という。少なくとも入社後は、売上高が前年を上回り続けている。1995年にアメーバ経営を取りいれて企業体質はより頑丈になった。

 

・・・・・・・・続きは、次回のブログで

ヤングドライの営業戦略

2012年12月17日のブログです。

さて、本日はヤングドライの営業戦略について。

経営戦略論にランチェスター戦略というものがあります。

ランチェスター戦略とは

「弱者が強者に勝ち、逆転を可能にする、必勝のルール」とのこと。

ヤングドライの戦略について、以下のように分析して下さっている本があります。

・・・・・・・・・・・・

経営理念として「小さく、狭く、濃く、深く考える」を持つため、地域に根差した商売のやり方を重視。「利益を生むのは1位の企業」との考え方から、地域№1戦略を徹底。

大通りに面した大型の基幹店は、広告塔も兼ねた大きなアヒルのキャラクターが目印。

また、ワイシャツの低価格は原価から計算した価格設定ではなく、お客様が買いやすい価格かどうかを判断基準にして設定されています。

・・・・・・・・・・・・

小さな会社が営業で№1になる ランチェスター営業戦略」坂上仁志(アスカ出版)

という書籍の一説です。

このなかで、ヤングドライは

「見習ってほしいオススメの企業」の一つとして、紹介されています。

ありがたいことに「地域ナンバーワン戦略と差別化戦略の見本のような会社です」という過分なお褒めの言葉まで、頂戴しています。

ヤングドライでは、富山・石川などの北陸エリアにおいてはおかげさまで№1のシェアを確保させていただいています。が、一方、まだまだシェア№1には至っていないエリア(中京・関西)があります。

そんなエリアで、どう戦えば強者に勝つことができるのか

あらゆるチャレンジで、№1へ向けて戦いを挑む!

そのために、あなたの力をかしてほしい!

これが私たちヤングドライの採用への情熱です。

最前線でのチャレンジに、力をかしてくださる方のご応募、お待ちしています。

・・・・中田

”勝つ”秘訣、凡事徹底

 2012年12月13日のブログです。

例年より、少し早い大雪もヤマを越えたようです。ほっ 

さて、あなたはなんらかの”競争”で勝ったことはありますか?

 漠然とした質問ですが・・・。

今回書きたいのは、ヤングドライが勝ち続けている要因、”勝つ”ためのセオリーです。

・対外的には、売上で他店に勝つ、

・社内キャンペーンでライバル店に勝つ

そんな”勝った”店に、

「勝った要因はなんですか?」「どんな努力をしたのですか?」

と尋ねてみると、ほとんどの場合

「特別なことはしていません」という答えが返ってきます。

うかつにも当初私はこれを「謙遜してるんだ」と聞いていました。

でもね、だんだん観察していると、これは謙遜ではなかったのです。

なんらかの勝ちを得た多くの人は、何も特別な技を使っていたわけではない。

むしろ、誰もが考えつくような、普通のことをしているに過ぎない。

でも”勝った”人は、その普通のことを、粘り強く、すぐに成果が見えなくてもやり続けていたのです。

・例えば、お客様に笑顔であいさつする

・店側の都合(キャンペーン数字を上げたい)ではなく、お客様の立場にたって(お客様自身は気がついてなくても、このサービスは必要だと感じたら)、おすすめし続ける

・お見送りの際「お気をつけて」など、気遣う一言を添える

と、まったく「普通のこと」ですが、それを愚直に熱心にやり続けている。

その継続徹底が”勝ち”をもたらしているのです。

これを、ヤングドライでは「凡事徹底」というキーワードで表現し、大切にしています。

凡事徹底を社風とすることが、不況にも他社にも勝てる強い組織を作ることを知っているのです。

・・・中田

業界の注目度は高い!

 2012年12月10日のブログです。

ヤングドライ本社のある北陸は、大雪、です。

朝は街全体が、白いふわふわの毛布に覆われているよう・・・

道路も積雪なので、車  はなかなかすすみませんが 

さて、クリーニング業界においてヤングドライは、どんなポジショニングなのでしょうか。

手前味噌になりますが、↓こんな理由で、業界でも注目されています

 長くお客様に愛されている・・・創業83年といえば、老舗です。現社長は、3代目です。

 エリア拡大中・・・北陸から名古屋へ、大阪へ、兵庫へ、そして滋賀へと、店舗展開は急ピッチで現在進行形です。

 長い歴史の中で、業績はダウンしたことがありません・・・継続的に右肩上がりを続けているのです。こんな会社、実は稀有です。

どんな業界にも、注目される「オモシロイ会社」はありますが、その一つと言えるでしょう。

これはもちろん、会社全体での努力の成果

といっても、不眠不休のガムシャラな努力・・・なんかではありません。

スタッフ全員が「一割よけいに努力する」  その集積!です。

人の2倍、3倍の努力なんて、続きません。

努力は10%増しでいい、それを継続すること。

それがヤングドライで言う努力、なんです。

・・・中田

クリーニング師合格状況

 2012年12月3日のブログです。

「クリーニング業界で必要な資格」として

クリーニング

があることは、過去のブログでもご紹介しました。

ヤングドライでは、この資格に毎年の新入社員にチャレンジしてもらっています。

なんと今年は、わが社の

最年少合格者!

が誕生しました。

その方は、今年2012年3月に高校を卒業して入社されたKさん(女性)。

普段の仕事は、店舗受付をしています。

その彼女が、Yシャツのアイロン仕上げ、タタミの実技も含めて合格されたのは、

素晴らしい!

と思っています。

彼女によると、店舗での仕事が終わってから練習する毎日だったそうです。

筆記試験対策も、過去問に挑みながら、要点をノートにまとめたとか。

今回の合格で、クリーニング業に必要な知識・技能とともに、

何よりも目標達成のための熱意を学んでくれたのではないか、と感じています。

・・・中田佳子

ヤングドライってどんな会社

2012年12月1日(土)のブログです。

本日から、2015年卒の就職活動本格始動とのこと。

昨年は、就職サイトの回線がパンクしたとも聞いていますが、今年は??

ま、このブログがそんな目に合うことはないので、安心  ですが(笑)

さて、改めてヤングドライという会社について、ご紹介します。

 ヤングドライはクリーニング屋さんです

何をクリーニングするのか?

スーツネクタイYシャツスカート、コートのような一般衣類はもちろん

・高級和服(専用工場があります)

・布団や毛布などの寝具類(専用工場があります)

・靴(スニーカーなだでなく、革靴やブーツもピカピカに)

など、専門性の高いものもキレイにします。

お客様がキレイにしたい、と感じるものは貪欲にメニューにいれていく、これがヤングドライのチャレンジングスピリットです。

・・・中田

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31