« ヤングドライの福袋 | トップページ | ヤングドライは業界の挑戦者 »

2013年 社長年頭あいさつ

 2013年1月5日の特別ブログです。

本日は、ヤングドライ社長 栃谷義隆からの年頭あいさつを掲載させていただきます。

・・・・・・・・・

年頭あいさつ 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

ここ数年クリーニング市場は他業種同様厳しい時代が続いています。

この要因は不況・不景気と団塊世代の定年、少子高齢化による影響が大きいと思われます。また、安倍内閣におけるデフレ克服金融政策は、一時的な回復が結果として借金を増やすことは自明の理です。過去の学習が活かされないことにいらだちを覚えます。今必要なことは、対症療法ではなく社会構造の改革です。

このような経済状況の中でヤングドライとして一番大切なことは「不況という環境に慣れないこと」です。「成長の妨げの要因に不景気と言わないこと」です。クリーニング業界が環境に流されようとも、ヤングドライが流されるわけにはいきません。ヤングドライはこのような時こそ、「生成発展」を目指します。

そのために

 ヤングドライのフィールド(商圏)を地元北陸とだけ考えず、日本と考えることです。

 ヤングドライの競争相手を同業他社と考えず、社会変化と考えることです。

社会変化とは、ファストファション(安価・簡易衣料)・ネットビジネス(ネット集荷)高齢化社会(高齢者対応)です。

 ヤングドライはクリーニング業からライフスタイル提案企業への脱皮を図ることです。

 

このような厳しい時こそヤングドライは全員で明日の収穫のために畑を耕し、種をまき、手入れを怠らないのです。まさしく、今まで地道に積み上げてきた経営理念の実践を展開し現状を打破していくのです。そのためには、変化を受け入れる大きな勇気が必要です。目標を掲げる崇高な想いが必要です。そして目標を可能にする岩をも穿つ強い意志が必要です。「新しき計画の成就は、只不屈不撓の一心にあり、さらばひたむきに只想え、気高く強く一筋に」今こそ現状に満足しない精神が必要です。

そして、すべては「チャレンジ・挑戦」することからしか始まりません。ヤングドライは「ライフスタイル(利便生活)提案企業」として新しい商いの具現化を図り、その挑戦が「全従業員の物心両面の幸福を追求」を叶え、そして「地域社会に貢献」を行えるのです。そして、ヤングドライは「元気ある一世紀企業(安定成長)」を目指すのです。

今がチャンスです。今を絶好の機会として今年一年、積極的に一丸となって進みましょう。

株式会社ヤングドライ  

代表取締役 栃谷 義隆

・・・・・・以上

« ヤングドライの福袋 | トップページ | ヤングドライは業界の挑戦者 »

ヤングドライをもっと知りたい!」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年 社長年頭あいさつ:

« ヤングドライの福袋 | トップページ | ヤングドライは業界の挑戦者 »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31