« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

絶対ここで働くんだ!

 2013年1月31日のブログです。

今回は、富山県出身で名古屋で大学にかようTさん です。

柔らかな物腰の芯に強さを感じさせるTさんの就活体験をどうぞ。

・・・・・・・・・・・

私が就活を始めたのは、3年生の12月からです。
合同企業説明会に行き、気になった企業があればすぐにエントリーして、採用試験を受ける、といったことをしていました。

3月にはある企業より内定を頂きましたが、

「自分の知らない企業がまだまだ沢山あるのではないか」、

「仕事は一生のことだから、安易に決めたくはない」

という思いより、就職活動を続ける決心をしました。

しかし、その後は中々内定を頂くことが出来ず、6月になるころには、すっかり心が折れてしまいました。

採用されない自分がダメな人間に思えてしまい、とてもネガティブな思考で面接を受けていたのです。

今思えば、そのネガティブさが、企業にも伝わっていたのかもしれません。

そのまま一つも内定を頂けずに夏が終わり、友達も殆ど就職先が決まり、

「ああ…本当に自分はダメなんだなあ…」と思っていた所で、ヤングドライと巡り会ったのです。
出会ったのは、富山県で行われた合同企業説明でした。
なんとなくブースに行き中田さんとお話したところ、とても楽しく、リラックスした雰囲気で過ごしたことを覚えています。

「ここに勤めることが出来たら、いいのに!」
強く、そう思いました。
ちょうど「今度面接があるから、ぜひ受けにきて下さい」と言われたこともあり、採用試験を受ける事にしました。

面接当日。
緊張していないわけではないのですが、

「自分は絶対ここで働くんだ!」と強くイメージしていたため、

今までの面接とは違い、積極的に自分のことを伝えられました。

「ネガティブになってる暇が勿体ない」

そう思ったら、自然と明るく前向きにお話しできたことを、覚えています。
結果、ヤングドライの一員となることができたのです。

中々採用が決まらなかった時期は、3月の内定を断ったことを後悔もしましたが、

今思えば、そこで安直に決めずに、最後まで就活をして良かったと思っています。

「内定もらったし、ここでいいかな」、「早く決めれば、残りの大学生活は遊べるし」

等、安易な気持ちで決めてしまわずに、納得のいくまで就職活動を続けて下さい。

自分に合う企業というものは、必ず存在します。諦めないで、頑張って下さい。

・・・

「将来を具体的にイメージする」ことの具体例のような体験談ですね!

・・中田

「恐怖」の就活!

 2013年1月28日のブログです。

引き続き、25年入社予定、徳島県出身のK君  からのメッセージです。

尺八が趣味というK君は、オドロキの書き出しからは想像もつかない、

快活でリーダーシップのある好青年です。

・・・・・・・・・・

私にとって就職活動とは、一言で表せば『恐怖』でした。
それは私がもともと人にハッキリものを言える性格ではなかったからです。
特に面接は不安でした。
『もしどこからも内定を貰えなかったら・・・』
今思えば、かなりネガティブな気持ちから始まった就職活動でした。
そんな不安から、様々な就職活動に関する本、自己啓発本を読み、自己分析にもかなり時間をかけていました。
面接ではごまかしを言うこともありましたが、そんなやり方が悪いのか、
ネガティブな性格が災いしてか、就職活動は全然うまくいきませんでした。

こんな私が変われるきっかけとなったのが、大学の授業でのある先生の一言でした。

先生は、近年の就職難について

働く意欲があるにもかかわらず、100社も200社も就職試験を受けても職を得られない学生がたくさんいるこの社会自体がそもそもおかしい」

と言われたのです。

今まで就職活動が思い通りにいかない自分ばかりを責めてきた私は
その言葉によって、なぜか楽になった気がしました。

それからの就職活動は、まだまだ苦手意識を持ちながらも、それでもそんな自分を認めることで、相手の面接官と本当の意味で向き合って話すことができるようになったと思います。

それまでは何とか隠そうとしていた短所など、自分のマイナス面も変に言い回しを変えることなく堂々と話せるようになりました。

就活生の皆さんにとって、この経験が何かお役に立てれば幸いです。

最後に、新卒至上主義と言われる現在の社会では、

この一年間の就職活動で人生が左右されてしまいます。

自分自身を認め、隠すことなく面接に向かえば、それが面接官に認めてもらえることにもつながると思います。

悔いのない就職活動にしてください。

・・・・・・・・・・

新入社員の成果

 2013年1月26日のブログです。

ヤングドライでは、入社後1年間「ジュニア勉強会」と称して、新入社員だけの月1回の研修を行っています。

月に1回会うごとに、新入社員達の成長が感じられ、楽しみな研修会です。

24年入社社員の勉強会も、あと2回を残すのみとなりました。

今年の成果として

 クリーニング師の国家試験に、女性2名の合格者が出ました

9月頃からYシャツアイロン仕上げの練習を始めましたが、

最初は手つきもぎこちなく、どうなるのだろうと不安いっぱいでしたが

まず富山で1名、その後愛知でも1名の合格!

聞けば、彼女たちは店舗勤務が終わってから工場へ行き、練習に励む毎日だったとか。

合格は、それにふさわしい努力から花開く称号なんですね。

そういう新入社員の努力する姿からは、職場のスタッフにさわやかな風を感じさせてくれます。

・・・中田

25年入社予定者からのメッセージ

 2013年1月24日のブログです。

毎年恒例、25年4月入社予定者から、現在就活中の皆様へメッセージです。

お一人目は、愛知県出身の眼鏡が理知的なN君

とても率直に自身の体験を語ってくれています。

・・・・・・・・・

私には「絶対にこういう仕事につきたい」というのはあまりなく、とりあえず合同説明会で出会ったなかで少しでも気になった企業があれば片っ端からエントリーをしていました。
その中でも特にいいなと思う企業は企業研究をして、会社の特徴と自分のどういう所がマッチングしているかなどを考えていきました。

考える過程で、他の就活生と差をつけるためにはどうすればいいのか分からず、部活の先輩に話を聞くと

「話を作るのはダメだけど、大袈裟に言うのはアリだよ」

とアドバイスを受けて、自己PRの文章は話を大袈裟に作っていきました。

しかし面接では辻褄が合わなかったり、話している時に詰まってしまったりしてしまいました。

そして見事に落とされ続けました。

しかし自己PRを正直に書いてそれを否定されてしまったら、

私自身が否定されるのと同じだと思い怖くて正直に書けませんでした。

そんな中、学内説明会でヤングドライのブースがあり、中田さんから話を聞いていくうちに、この会社の面接は正直になって受けてみようと不思議と思いました。

面接でも正直になった分、話が詰まる事もなく、今までの面接のなかでは一番上手くいった気がしました。

私がこれから就活する方に伝えたいのは

◆就職では話を盛っても企業には気持ちが伝わらないし、見破られる。

◆それならば話の規模が少し小さくても正直になった方が、面接官の人にも気持ちが伝わりやすいということです。

そして大袈裟に話を作らなくても自分自身の事をしっかり見てくれる企業は必ずあるということです。

それでは就職活動をするみなさん。

辛いこともあるかもしれませんが挫けずに頑張り続けてください。

必ず自分に合う企業に出会うことができる筈です。

・・・・・・・・・・・・

シュウカツ中のゆらぎが感じられる体験談、参考にしてください!

・・・・中田

同期の仲間は

 2013年1月21日の記事です。

吹雪のなか、2013年4月入社予定者8名にお集まりいただき、「内定者懇談会」を開催しました。

今回印象的だったのは、終了後、誰からともなくメールアドレス交換が始まり、

そのあと参加者8名が輪になって歓談していたこと。

過去にはなかった状況で、とてもうれしく頼もしく感じられました。

この様子が、すなわち内定者懇談会の目的、目指す光景ですから!

将来、このメンバーが各支店のマネージャーになったとき・・・

 支店間で、資材の貸し借りしあう

 情報交換で、好事例が共有される

 励ましあい、時には競い合い、お互いに刺激を受けながら成長していく

などの情景が見えるようです。

同期入社のメンバーは、学生時代のような親友ではないかもしれませんが、

一生の戦友となれると思います。

・・・ ナカダ

ヤングドライは業界の挑戦者

 2013年1月15日のブログです。

採用担当者として大切なことの一つに、会社をわかりやすく表現する、ことがあります。

当たり前ですが。

そのためには、会社の本質を表現するワンセンテンスを持つことがとても大切!

いろいろ模索してきましたが、

今現在は、ヤングドライは業界の挑戦者、というキーワードが一番フィットすると考えています。

 御用聞き(お客様の自宅へ)から、取次店方式(お客様に来ていただく)への変革

 京セラ創業者稲盛氏のアメーバ経営の導入

 超抗菌消臭加工に代表される、新技術への取り組み

 北陸から、中京・関西へのエリア拡大

 技の祭典ヤングドライフェスタ開催

など、数え上げたらキリがないほど、クリーニング業界に前例のない取り組みを続けるヤングドライ。

スピード感のあるそれらチャレンジは、

・業界でも注目され

・社内を元気に、わくわくさせてくれます。

ともすると閉塞感で息がつまりそうなこの時代でも

「次は、何をする?」「今、私たちにできることは?」

を考え続けるチャレンジャーとしてのヤングドライDNAは健在なのです!

・・・ナカダ

2013年 社長年頭あいさつ

 2013年1月5日の特別ブログです。

本日は、ヤングドライ社長 栃谷義隆からの年頭あいさつを掲載させていただきます。

・・・・・・・・・

年頭あいさつ 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

ここ数年クリーニング市場は他業種同様厳しい時代が続いています。

この要因は不況・不景気と団塊世代の定年、少子高齢化による影響が大きいと思われます。また、安倍内閣におけるデフレ克服金融政策は、一時的な回復が結果として借金を増やすことは自明の理です。過去の学習が活かされないことにいらだちを覚えます。今必要なことは、対症療法ではなく社会構造の改革です。

このような経済状況の中でヤングドライとして一番大切なことは「不況という環境に慣れないこと」です。「成長の妨げの要因に不景気と言わないこと」です。クリーニング業界が環境に流されようとも、ヤングドライが流されるわけにはいきません。ヤングドライはこのような時こそ、「生成発展」を目指します。

そのために

 ヤングドライのフィールド(商圏)を地元北陸とだけ考えず、日本と考えることです。

 ヤングドライの競争相手を同業他社と考えず、社会変化と考えることです。

社会変化とは、ファストファション(安価・簡易衣料)・ネットビジネス(ネット集荷)高齢化社会(高齢者対応)です。

 ヤングドライはクリーニング業からライフスタイル提案企業への脱皮を図ることです。

 

このような厳しい時こそヤングドライは全員で明日の収穫のために畑を耕し、種をまき、手入れを怠らないのです。まさしく、今まで地道に積み上げてきた経営理念の実践を展開し現状を打破していくのです。そのためには、変化を受け入れる大きな勇気が必要です。目標を掲げる崇高な想いが必要です。そして目標を可能にする岩をも穿つ強い意志が必要です。「新しき計画の成就は、只不屈不撓の一心にあり、さらばひたむきに只想え、気高く強く一筋に」今こそ現状に満足しない精神が必要です。

そして、すべては「チャレンジ・挑戦」することからしか始まりません。ヤングドライは「ライフスタイル(利便生活)提案企業」として新しい商いの具現化を図り、その挑戦が「全従業員の物心両面の幸福を追求」を叶え、そして「地域社会に貢献」を行えるのです。そして、ヤングドライは「元気ある一世紀企業(安定成長)」を目指すのです。

今がチャンスです。今を絶好の機会として今年一年、積極的に一丸となって進みましょう。

株式会社ヤングドライ  

代表取締役 栃谷 義隆

・・・・・・以上

ヤングドライの福袋

 2013年1月3日、ブログ始めです。

ここ富山は本気の雪ですよぉ!

さて、お正月初売りといえば福袋です。

お目当ての福袋のために、開店前から並ぶ方もいるんですよね~

で、ヤングドライの福袋ですが・・・

キャラカレンダー・抗菌洋服カバー・キャラグッズが入って、

なんとワンコイン500円!!

え?中身がクリーニング屋さんらしくない?

そんなことはありません

 キャラカレンダーは、毎月変わる超お得なクーポン券付き

  例:Yシャツ無料券、ドライ品100円引券、ズボン・スカート・ネクタイ無料券など

 抗菌洋服カバーは、ヤングドライ自慢の超抗菌消臭加工付き。

クローゼットの中で、お洋服を虫食い、カビなどから守ります。

これだけで、約7000円分の価値があるのです。

しかも、一年かけて使うことができる!

お手軽価格で、長~~くお得な福袋。

ぜひ、お近くのヤングドライでどうぞ!

・・・ナカダ 

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31