« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

ヤングドライ、ここが良いところ

 2013年2月25日です。

今日は、入社4年目の先輩社員S君から

ヤングドライのここが良いところ

を紹介してもらいます。

笑顔と誠実な仕事ぶりで、上司やパートさんからの信頼が篤いS君は、ヤングドライをこうとらえています。

・・・・・・・・・・・

同期の皆と違い、自分は途中入社ですが新入社員として教育してもらいました。

ヤングドライは、他社と比べ、責任者・上司との距離が近いのが一番いいと感じております。疑問に思ったことをすぐに聞きやすい会社です。

入った当初の自分は「クリーニング会社って何をするの??」という世界でした。

また、クリーニング=職人

というイメージもあり、正直なじめませんでした。

ただ、少しずつ手に技術を身につけていけた感じは強かったです。

面接時には見えなかった・感じる事ができなかった事が、現場で少しずつ覚えていけました。

社会人になると、学生時代に比べて自由が広がります。

その分、責任も強くでてきます。

他社も覗いたことがある自分から言えるのは、初めはどの会社もなじみにくい所はありますが、ヤングドライは責任者と近く、いろいろ聞きやすいため、早く職場の輪に踏み込む事ができる会社だと思います。

新入社員の皆様へ

これから入る現場で多くを学び、感じてください。

そして行動し、疑問に思ったことは聞いてみてください。

...................

人懐っこい笑顔と頑張りで、今はマネージャーとして支店を束ねているS君です。

「いろいろ聞きやすい」とのことですが、それはS君の資質によるところも大きいと、私は思っています。

・・・中田

3月会社説明会のご案内【金沢会場】

 2013年2月20日

金沢での、ヤングドライ会社説明会についてご案内します

日時・・・2013年3月2日(土)13:00~

会場・・・ヤングドライ金沢支店

      石川県金沢市三池栄町56

申込方法・・・マイナビ2014でエントリー後、お申込みください!

内容

 ・会社概要の説明をします

 ・先輩社員から、ナマの声が聴けます

 ・職場見学で、仕事の様子が見えます

 ・希望者は、そのまま一次選考(筆記・面接)を受けられます*履歴書をお持ちください

ぜひご参加ください!

お問い合わせは、

saiyou@young-dry.co.jpまで、お気軽にどうぞ!

・・・中田

鶏口牛後

 2013年2月18日のブログです。

むしろ鶏口となるも牛後となるなかれ

という言葉がありますね。

大きな組織に付き従って軽んぜられるよりも、小さな組織の長となって重んぜられるほうがよい

という意味です。

私は、学生のみなさんにヤングドライをアピールする時、

いつもこの言葉を思い浮かべます。

決して大企業ではないヤングドライ

しかしヤングドライでは、入社3~5年目には支店のトップ(マネージャー)となることができます。

支店は、クリーニング工場に5~10店ほどの店舗が所属する各地域の拠点。

30名~50名ほどのスタッフを束ねる会社の社長となって、地域のお客様に自分が思い描くサービス提供を行うことができます。

マネージャーになりたての頃はベテランパートさんなどから学びながら、自分なりの支店運営の仕方を模索していく・・・

迷いや試行錯誤も多いけど、お客様の喜びの声、パートさんの成長を感じることができるステージです。

大企業の組織に埋没していては味わえない、苦労と手ごたえがあります。

鶏口となるも牛後となるなかれ

小さな集団での、チームワークの感動を、あなたもぜひ!

・・・中田

どんな大人になりたいか

2013年2月14日です。

バレンタインディですね~

アメリカでは、女性からチョコを渡す日ではなく、男性から花や宝石を女性に贈る日だそうですね。

先日読んだアメリカのミステリィでも、男性が花屋へ電話注文で複数の女性にそれぞれの花を送る手配をしたところ、花屋が届け先を間違えて・・・

ま、それはともかく。

今日の入社予定者は大阪在住のK君 、でも自己紹介では「千葉県出身です」といって驚かせてくれました。

大学ではアメーバ経営も学んだというK君から、就活のアドバイスです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は周りがやっているのに流されて、自分もしなくてはと就職活動を始めました。
インターンシップに参加したりもしましたが、これも自主的とは言えず他の人が参加しているのを聞いて焦って参加していました。
企業のエントリーが始まると、とりあえず気になる企業にエントリーし説明会に参加しました。
しかし、筆記やグループワークは通過できたのですが、面接が中々通過できませんでした。
最初はまあ落ちてもしょうがないという気持ちで続けていましたが、何度も選考に落ちることで、原因は自分自身にあると考えました。
自分なりに考えてみると、実際に自分が働いて活躍する姿を想像が出来ないまま就職活動を続けていたので、そういった所を面接官に見抜かれていると思いました。
それからは、自分がどうしたいか、自分がどうなりたいかなどに重点を置いて、就職活動するようになりました。
それからは面接もスムーズに話せ、入社意欲をアピールすることが出来ました。

私は社会人になったら、今までの甘えていた自分を捨てて、日々働くことで成長し一人前の大人になりたいと思い、それを面接でアピールしました。
私からの就職活動のアドバイスとしましては、周りに流されないで、自分自身が働くうえでどうしたいか、どうなりたいかを考え、選考を受けてください。そうすれば自分に合った企業に必ず巡り合えます。たとえ上手くいかなかったとしても決して諦めず、前向きに頑張ってください。

幸いヤングドライでは、やる気次第で活躍できるフィールドがたくさんあるので、精一杯取組み日々成長したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・

ありのままの自分で

 2013年2月11日のブログです。

今日お送りするのは、石川県出身のI君  からの就活体験です。

ガッシリとイイ体格のI君、選考会や面接にはさっそうと原付に乗って現れたのが印象的でした。

・・・・・・・・・・・・・

私が就職活動を始めたのは大学3年の12月からでした。

当時は特にやりたいことや、希望の職種などがなく
学内の会社説明会や合同企業説明会に参加し、
気になった企業にエントリーをしているだけでした。

そして、いざ選考に進んでいってもなかなかうまくいきませんでした。

その頃は「とりあえず早く内定が欲しい」という気持ちが強かったせいか

自分のことを良く見せようと自分自身を着飾っていたように思います。

それから時間が経つにつれエントリーをしている企業も少なくなって

駒がなくなってきた時に、周りの友人が続々と内定を決めて正直焦っていました。

そんな中で石川県で行われた合同企業説明会に参加しました。

数多くの企業のブースがあり、どこのブースに行こうか迷っていた時に

ふと目に入ったのがヤングドライのブースでした。

面接では、今までの面接とは違い終始リラックスした状態で望めました。

着飾っていた自分ではなく、初めて、「ありのままの自分」を出せたのがヤングドライでした。

ありのままの自分を出すことが一番、相手に気持ちが伝わるのだと感じました。

あの時ふと目に入ったのがヤングドライのブースだったのは、なにかの「縁」があったからだと思っています。

自分に合った企業、縁のある企業は必ずどこかにあります。

みなさん頑張ってください。

・・・・・・・・・・・・

面接でありのままの自分が出せた・・・

結果論ですが、うまく行くときって、変な力が入っていないんでしょうね!

その状態を自分のなかからいかに引き出すか!ですね

・・・中田

会社説明会のご案内 【名古屋会場】

2013年2月9日

名古屋での、ヤングドライ会社説明会の予定が決まりました

日時・・・2013年2月27日(水)

        第1回目:10:00~

        第2回目:14:00~

会場・・・ヤングドライ熱田支店

       愛知県名古屋市熱田区二番2-22-2

申込方法・・・マイナビ2014でエントリー後、お申込みください!

内容

 ・今回は、社長がヤングドライの今、そして未来を語ります

 ・先輩社員から、ナマの声が聴けます

 ・職場見学で、仕事の様子が見えます

ぜひ、ぜひ、ご参加ください!

お問い合わせは、

saiyou@young-dry.co.jpまで、お気軽にどうぞ!

・・・中田

納得できる就活のために

 2013年2月7日のブログです。

今日登場してくれるのは、石川県出身のY君  です。

内定者懇談会では、その人柄で皆から場を作るセンスを評価されたY君から、

皆さんへ「納得のいく就活のために」アドバイスです。

・・・・・・・・・・・・

就職活動を楽観視していた私の就職活動は、決して楽なモノではありませんでした。

就職氷河期と言われていましたが、すぐに決まるだろうと思っていて、合同説明会でもあまり積極的にブース訪問するといったことはしていませんでした。

しかし、3月、4月と月日が進むにつれ周りの友達やゼミの人たちが徐々に内定をとったという報告が入り、焦りが出てきました。

この頃、それまでの安易な考えが仇となり、採用試験を受ける企業のコマがなくなってきていたのです。

そこで、学校で行われた合同企業説明会の冊子を慌てて見直し

興味のある企業をピックアップしたところ、目に入ったのがヤングドライでした。

すぐにヤングドライの採用ホームページを見て採用試験が行われていることを知り、申し込みをしたのが、私とヤングドライのご縁の始まりでした。

私が、就活生の皆さんに伝えたいのは当たり前のことですけど、

・色々な企業を受けてみる

・合同企業説明会は宝の山である

・最初の方で楽をすると後々に自分が苦しくなる

ということです。

就職活動は自分の今後の一生を決める大事なターニングポイントです。

遊ぶ時は遊ぶ、就職活動をするときはする、など時間配分にメリハリをつけ

「どうせすぐ内定とれるだろう」

という甘い考えは今すぐ捨てて、自分の納得のいく就職活動をしてください。

そうすれば、自然と結果が付いてくるものだと思います。

悔いの残らない就職活動ができるように祈っています。

・・・・・・・・・

楽観視はせず、でも悲観視しすぎることもなく、
納得のいく就活をすれば、結果は自然とついてくる・・・
言葉にすれば当たり前のことですが、実際は揺れ動く心理状態でそう思うのは難しいことかもしれませんが。
・・・中田

シュウカツは緊張の連続

 2013年2月4日のブログです。

富山県出身、昨年夏の社員総会にも参加してくれた短大卒Nさん  から、

シュウカツ中のみなさんへ向けたメッセージです。

誠実に一歩ずつ就職活動を重ねたNさんの体験、お読みください!

・・・・・・・・・・・

私が就職活動を始めたのは、1年生の12月からです。
正直な話、12月の段階では合同説明会という場の雰囲気を味わいにいったという感じでした。
積極的に説明会に行ったり採用試験を受けたりし始めたのは2月です。

就職活動中は、緊張と反省の連続でした。
企業の方に質問するにも緊張、面接で答えるにも緊張、結果を見るのにも緊張していました。
実際、説明会で緊張してしまって質問できなかったことが何回かあります。

また、採用試験で失敗したら1人反省会をしていました。
どうしてダメだったのか考えていると落ち込みますが、今改善点を考えれば次は成功できるとポジティブに考えて自分を励ましていました。
時には友人に励まされることもありました。

就活経験は必ずプラスになることだと、私は考えています。
次はこうしてみよう、と自分を磨くいい機会になりました。
私自身、自分が緊張しやすいという新しい面を知ることもできました。

今就職活動中の方、就活を続けていくことは楽じゃないし、辛いことだって必ずでてくると思います。
でも自分を磨くチャンスだと思って頑張ってください!
本当に辛くてどうしようもないときは、周りの人を頼ってもいいと思います。
自分がコレ!と思える企業に出会えるよう頑張ってください!

・・・・・・・・・

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31