« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

企業の品格、って

2013年7月24日のブログです。

連日の暑さで、体力低下気味です。

さて、本日のテーマ「企業の品格」・・・「風格」「上品か下品か」「ロイヤリティ」・・・少しずつ違うことを指す言葉ではありますが、これを高める要因は何か?

規模ではありませんね。小さくても光る品格の会社はあります。

生み出す製品やサービスの品質・・・は重要。ほかには、社屋?コマーシャル?

やっぱり、スタッフ、ですよね。そこで働く「人」の品格。

電話での応対をとっても、柔らかなトーンで美しい言葉で親切に応対されると、「この会社、格が違うわ」と感じますもんね。

交通ルール遵守などの行動面も。

これは、社員教育の成果、なのでしょうか?

もちろんそれもあるでしょうが、スタッフが共有する「未来へのビジョン」の影響が大きい気がします。

会社として何を目指すのか。

ヤングドライでいえば、現状に満足せず、もっと地域のお客様の役に立ちたい、と深さをイメージする。

全国で認知されるクリーニング屋さんでありたい、と広がりを希求する。

そういった目指すものが高いと、品格を高める動機が継続し、結果的に教育が浸透するように感じるのです。

それがないと、教育なんて、ザルですくった水のように痕跡をとどめません。

「さすがはヤングドライ」

お客様にも、そしてスタッフ自身にも、そう感じてもらえる品格の高さを目指したい!

真夏の太陽のように、熱く感じる今日この頃です。

・・・中田佳子

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31