« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

ヤングドライのエコ活動がTV放送されます

 2014年2月28日です。

 

ヤングドライが行っているエコ活動についてTV取材  を受けました。

 

◆放送予定日…2014年3月2日(日) 10:55~11:10

 

◆放送局…北日本放送(KNB)

 

◆番組タイトル…「もっと知りたい、私たちにできるエコ!エコ・ストア制度」

 

富山県は全国でもいち早くエコ活動に取り組んでおり、今では買い物時のマイバック普及率が94%と全国№1だそうです。

 

そのなかで、ヤングドライが行っている「ハンガー回収」の仕組みが取り上げられたのです。クリーニング品を引き取った後に邪魔になってしまうハンガーを10本10円で買い取る制度は大変お客様から喜ばれています。

 

この番組放送をきっかけに、さらにハンガー回収が進みリサイクルにつながるといいなあと思います!

 

・・・中田

 

 

自分に自信を持つ大切さ

2014年2月21日です。

本日の「内定者からのメッセージ」は、愛知県出身のK君です。

金沢で大学生活を送るK君からは、就活でキーとなる「自信を持つ」ことをテーマにメッセージをもらいました。

・・・・・・・・

 

私が初めて内定を取ったのは11月でした。
 それまでに周囲が次々と内定を取っていき、応募先も減っていくことから、秋口あたりで自分自身にどんどん自信がなくなってきてしまいました。

そのため、その時期は企業選びも焦りから自暴自棄気味になってしまい、自分が将来働いている姿が見えないまま採用試験に臨み、「受ける→落ちる→自信を無くす」の負の連鎖に陥ってしまいました。

 

しかし、この負の連鎖は一度自己分析の仕方を見直し、初心に帰ることで解決しました。
 というのも、焦っている時の自己分析は、企業に合わせて自分を作ろうとしており、その結果、自分が働いている姿が見えずアピールできないことが原因だったからです。
 そのため、「少しでも自身が本気で取り組みたいことをしている企業を探す」ところから改めて始め、将来のビジョンを明確にしました。
 その結果、不採用であっても自分が納得できるアピールをしていることから、ブレることなく内定まで就活に取り組むことができました。

 

確かに、企業に合わせてアピール部分を変えることは重要です。しかし、自分が本当に自信を持っていることでなければ説得力がありませんし、態度にも表れてしまいます。

 

自分により自信を持つためには、自分のアピールポイントを探す自己分析をしっかり行い、自分の芯を定めておくことが大事になると思います。
 自分の芯をしっかりと持ち、アピールすることができれば、必ずどこかで理解されるはずです。苦しいと感じることもあるかもしれませんが焦ることなく就活を頑張ってください!

 

私らしく就活する!

2014年2月13日です

今回の内定者メッセージは、小さい頃からハンドボールに取り組んできたYさんから。
大学もハンドボールで決めたというYさんは、4年生の秋まで部活動を続けていたとのこと。

・・・・・・・

私が就職活動を始めたのは3年の12月頃でした。

まずは「自分を知るためにしっかり自己分析をすること」「履歴書の書き方」など、最も基本的な説明を受けました。
後々就職活動を終えて思ったことは、しっかりと自己分析をすることが大切だったんだということです。私は、職種の違う企業をいくつか受けましたが、結果はボロボロ。企業研究をすることも大切ですが、「どれだけ自分の事を知っているか」また、企業の方に、「芯のぶれない姿を見てもらえるか」が重要だと思いました。面接の回数をこなせば、その雰囲気にも慣れ、緊張もしなくなります。しかし、その以前に自分自身と戦うということが大切だと思います。

周りが早々と内定を貰うと、不安や焦りも出ます。私自身、就職活動と学業、部活動の両立は大変でした。どれか一つ手を抜けば楽になるでしょうが、自分で選んだ道なので、疎かにすることは嫌でガムシャラに頑張ってきました。
焦っているときは周りがよく見えるかもしれませんが、周りは周り、自分は自分です。自分を見失いそうになる時こそ、先生や、家族、友人に話しを聞いてもらったりアドバイスをもらったりと、自分のプラスに繋がることを見つけ取り組んで下さい。
リラックスして頑張って下さいね!応援しています!

就職活動中の皆さんに伝えたい3つのこと(続き)

2014年2月6日です。

前回に引き続き、愛知県出身Kさんからのメッセージです。

・・・・・・・・・・・・

 

就職活動中の皆さんに伝えたいことは、

 

 周りの社会人の話に耳を傾ける

 

 就職活動の軸をしっかり持つ

 

 内定決定の早さが勝ちではない

 

3点です。

 最後となる内定決定の早さが勝ちではない」は、先輩から言われた言葉で、私自身も思っていることです。

 私は9月頃内定をいただきましたが、遅かったから負け組とは思っていません。

納得のいくまで就職活動をすることが大事だと思います。

 

 皆さん、周りに惑わされずに自分に合う会社を根気よく探してください。
自分の将来像を持っていれば必ず見つかるはずです。

・・・・・・・・・

Kさんからのメッセージ、いかがでしたか?

今はまだ、就職活動を始めたばかりの時期。

手ごたえを感じている方も、まだまだ明確に見えるものがない方も
Kさんの言う「自分軸」を定めて、希望をもっていきましょう!

・・・中田
 

 

 

就職活動中の皆さんに伝えたい3つのこと

2014年2月3日です。

毎年恒例、ヤングドライ内定者からのメッセージです。

今年のトップバッターは、愛知県出身のKさん

表情豊かな瞳で、熱意を込めて話す様子が印象的なKさは、

高い対人能力をもっています。

そんなKさんからのメッセージを、本日と2/6の2回に亘ってお届けします。

・・・・・・・

就職活動中の皆さんに伝えたいことは、

 周りの社会人の話に耳を傾ける

 

 就職活動の軸をしっかり持つ

 

 内定決定の早さが勝ちではない

3点です。

1点目、社会人の友達なんていない」と嘆く人もいるかもしれませんが、身近なところにいるはずです。

自分の両親だったり、高校や短大を卒業した社会人の友達であったり・・・

私の場合は、身近ではないですが、就職支援団体のセミナーに参加して先輩社会人のお話を聞いたりしていました。

そこで聞くことができる話は、世間の一般論や社会人だからこそ出る本音など偏りはありますが、すべて私の教養となって様々な価値観を得られたと思っています

働いている方々の話をたくさん聞いて、こんな考え方もあるんだと知り、どんな風に働きたいかを自分なりに考えることで次の自分軸を考えることができるようになるのではないかと思います。

2点目に関して。

今の時期、就職活動を始めたばかりで、とりあえず色んな業界を見て回るなど、模索中である人も多いと思います。

ですが、先ほど言った社会人の話を聞くことで、毎日働く人の考えを知ることができて、実際自分が働くこと姿を想像する際の参考になります。

こんなことを書いていますが、私も内定をもらうことに必死で、軸が定まっていない時期もありました。

そんな時は自分のなりたい姿が曖昧であったため、たいてい面接でうまく話せず落されることが多かったです。

なので皆さんには早い段階で就職活動の軸を決めておいてほしいと思い、ここに書いています。

自分軸とは、やりたい仕事やなりたい自分像から見つけることが一番いいと思いますが、それを見つけることが難しいと私も実感しています。

そう思っている人は、こんな職種は嫌だとか、または休みが多い方がいいとか自分の考える最低条件だけでもしっかり軸として持っておいた方がいいと思います。そこがぶれると働いてから後悔してしまうと思います。

・・・・・・・・・・・・・

今日は3つのポイントのうち、2つまで。

続きは2/6のブログでご覧ください!

・・・中田

 

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31