« 世間話、できますか? | トップページ | 同じ「ヤングドライ」でも・・・?! »

ボタンは外してクリーニングへ?!

 2016年11月13日(日)

お洋服のボタン、材質によってクリーニングトラブルが起きることがあります。

Photo

お気に入りのお洋服についているボタン、特にブランドロゴがついているもの、ラインストーンが付いているものなどは、ほんとうは外してクリーニングに出すと良いのです。

もろいボタンの代表は、貝ボタン。

ワイシャツやブラウスについていることが多い貝ボタンは、文字通り貝殻をボタンの形に型ぬきしてつくられます。貝殻は木の年輪のように成長していくため、年輪隙間に力が加わると、簡単に割れてしまうのです。

Baumukuhenn

イメージ的には、バウムクーヘンは年輪の層の境目で割れやすいのに似ていますね(似てる?)

ヤングドライでは、「貝ボタンは割れると思え!」と社員教育し、必ず保護するよう指導しているほどです。

私も、ヤングドライに入社するまで、自分の洋服のボタンの材質には無頓着でした。

しかも、お洋服の品質表示は、生地部分のみに対してつけられていることが多く、ボタンに対する洗い指示はまったくないのです。

ボタンは、お洋服のアクセントになる大事な部分。

クリーニング前にボタンを外すのも、お洋服のケアには大事な一手間なのです。

・・・中田

« 世間話、できますか? | トップページ | 同じ「ヤングドライ」でも・・・?! »

クリーニング豆知識」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボタンは外してクリーニングへ?!:

« 世間話、できますか? | トップページ | 同じ「ヤングドライ」でも・・・?! »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31