« 太陽光でキレイが続くきれいing加工 | トップページ | ネクタイ、洗っていますか? »

ワイシャツ、エリが取り外しできるセパレートタイプ?

 2016年11月30日(水)

1827年、ニューヨーク州でのこと。

夫が着た1週間分の汚れたワイシャツの洗濯に精を出していた奥さんが、シャツの汚れのほとんどはエリに集中していることに気がつき、突如ハサミを取り出し、いまいましいエリをバッサリ切り離してしまったのです。

Imagesn4it2fs1_2
カラー(エリ)を取り外し式(セパレート式)にしてあるシャツが誕生した瞬間でした。

現在ではエり付きシャツ、つまりエリが身頃に縫い付けられているシャツが一般的ですが、日本でも戦前まではセパレート式のシャツの方が主流だったのですね。

クリーニング屋からみても、この合理的な発明は拍手モノです。

ワイシャツでは、エリにもっとも汚れが蓄積し、スレて傷んでいくので、エリの寿命がワイシャツの寿命となることが多いのです。(あとはカフスです)

このセパレート式のシャツでは、いろんなタイプのエリを付け替えてオシャレを楽しむ、エリだけ洗濯する、汚れて傷みやすいエリを裏返しにして両面使えるようにする、など便利な点がいくつもあった、とのこと。

そんな便利なセパレートタイプが廃れた理由は、エリの留ボタンがはめにくくて面倒だったから、だそうです。

その点を改良すれば、このセパレートタイプのワイシャツ、また流行りそうですけどね!

・・・中田

ヤングドライ公式HP

http://www.young-dry.com/

« 太陽光でキレイが続くきれいing加工 | トップページ | ネクタイ、洗っていますか? »

クリーニング豆知識」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイシャツ、エリが取り外しできるセパレートタイプ?:

« 太陽光でキレイが続くきれいing加工 | トップページ | ネクタイ、洗っていますか? »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31