« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

お洋服も日焼けに注意!

fuji 2017年2月12日(日)

お洋服は、扉のあるクローゼットにしまいましょう!

理由は、日焼けで色が褪せてしまうから、です。

お洋服の染料は、紫外線で少しずつ分解してしまいます。

光は、波長が長いものが赤系統に、短いものが紫系統に見え、波長が短いものほど染料を分解する力が強いのです。

Photo

紫外線は、ご存じのように、日光や蛍光灯の光に含まれています。

だから、お洋服も肌と同じように、なるべく日のあたらない場所、扉をしめて紫外線を遮断できるクローゼットのなかにしまってあげてください。

クリーニング屋さんでは、お洋服がどれくらい日焼けしているか、を、日のあたらない衿裏と、日焼けしやすい肩部分で比較します。

そうすると、生地がどれくらい光退色しているかよくわかるのです。

…中田

| | トラックバック (0)

ダウンウェアとタバコの危険な関係

cd 2017年2月8日(水)

冬に暖かいダウンウェア、愛用されている方も多いと思います。

このダウン、お預かりする時にクリーニング店のスタッフが気をつけていること、ご紹介しましょう。

それは、ホッチキスや安全ピンを刺しては絶対にいけない、ということ。

ダウンに入っている羽毛は、ほんの小さな針の穴からでも飛び出してくる性質があるからです。

Photo_2

そのため、ダウンのなかで羽毛は「ダウンプルーフ」という羽毛を密閉する特殊な加工生地に包まれています。

これをキズつけてしまうと・・・ドライクリーニングの機械のなかで羽毛がどんどん飛び出してきて、生地がぺちゃんこ、機械のなかが羽毛だらけ、になってしまうのです。大変です。

このことを、クリーニング店のスタッフは厳しく教えられるので、タグと言われる番号片をつける時も、ホッチキスやピンなどで傷をつけないよう、細心の注意を払っています。

お客様も、キズをつけた、などの覚えがあれば、ぜひ受付でおっしゃってくださいね!

加えて、ダウン着用時のくわえタバコには十分にお気を付け下さい。

・・・中田

| | トラックバック (0)

本社朝礼からの気付き

note 2017年2月5日(日)

ヤングドライでは、毎朝9時に朝礼をしています。各拠点の工場でも、本社でも。

朝礼では、当番が前にでて、全スタッフに配布されている「ヤングドライ経営理念手帳」を読み上げ、感想コメントを述べます。

先日の本社朝礼でこんなことがありました。

その日の経営理念手帳のテーマ「仕事に明確なビジョンを持つ」にからめて、当番の女性が

「今年の私が目指すテーマは、上品です。一年かけて上品な女性になることを目指します」

とコメントされました。彼女の気取らないキャラクターも相まって、その場の全員が思わず微笑み、応援の拍手をおくる、あたたかいムードになる素敵な朝礼でした。

Photo

続いて社長からのコメントがあり

ヤングドライとしてお客様のために何ができるか、それを明確に思い描いて仕事をすること、それが企業全体の品格につながる、というお話がありました。

聞いていて、改めて自分の仕事に誇りをもつこと、について考えさせられました。

自分の仕事がナンボのものか、決めるのは誰でもない自分です。

つまんない仕事、友達や家族にも話すことのない仕事だと、自分で思ってしまったら、それだけのこと。

でも、どんな仕事でも、「誰の顔を思い浮かべてするのか」「どれくらい心を込めてするのか」それを決めるのは自分で、そんな仕事の仕方が品格になるのだと思いました。

ヤングドライ1200名強のスタッフが、仕事に誇りをもち日々の仕事に励んでいれば、会社全体の品格が高まるんですね!(^^)!

このことを忘れずに、今日も仕事に取り組んでいきたいと思います。

・・・中田

| | トラックバック (0)

今日は全力で・・・

punch 2017年2月1日(水)

「今日は全力で仕事したぞ!胸を張って言える一日だった?毎日忘れずに振り返ってみて!」

そんなポスターが、社内のパーティションに貼ってあります。

ちょうど、私が座っている席の真横なので、一日に何回となくその言葉が目に入るわけですが・・・。

なかなか、こうは思えませんね。

仕事には、一日ずつ区切りがつく仕事とそうでないものがあるのかもしれませんが、私の主な仕事「採用」は、

★今日やるべき仕事は全部やりきった!

と量的な区切りを、なかなか付けられないように思います。

あれもこれも、やったほうが良い仕事は常にあり、「今日はもう帰る時間だし、ここまでで、残りは明日のココロだ~」と見切りをつけて帰る日がほとんど。

すっきりしないですね~

でも、そのなかで、ひとつひとつの仕事の質を高め目指すことに近づけるように知恵を働かせることを続けていけたら、この問いにも気持ちよく「YES]が言えるのかもしれません。

Sukkiri

・・・中田

| | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »