« 本社朝礼からの気付き | トップページ | お洋服も日焼けに注意! »

ダウンウェアとタバコの危険な関係

 2017年2月8日(水)

 

冬に暖かいダウンウェア、愛用されている方も多いと思います。

このダウン、お預かりする時にクリーニング店のスタッフが気をつけていること、ご紹介しましょう。

それは、ホッチキスや安全ピンを刺しては絶対にいけない、ということ。

ダウンに入っている羽毛は、ほんの小さな針の穴からでも飛び出してくる性質があるからです。

 

Photo_2

 

そのため、ダウンのなかで羽毛は「ダウンプルーフ」という羽毛を密閉する特殊な加工生地に包まれています。

これをキズつけてしまうと・・・ドライクリーニングの機械のなかで羽毛がどんどん飛び出してきて、生地がぺちゃんこ、機械のなかが羽毛だらけ、になってしまうのです。大変です。

 このことを、クリーニング店のスタッフは厳しく教えられるので、タグと言われる番号片をつける時も、ホッチキスやピンなどで傷をつけないよう、細心の注意を払っています。

お客様も、キズをつけた、などの覚えがあれば、ぜひ受付でおっしゃってくださいね!

加えて、ダウン着用時のくわえタバコには十分にお気を付け下さい。

タバコの火がこぼれて、ほんの少しでもダウンに焼け焦げをつくってしまったら・・・

Munnku

 

・・・中田

« 本社朝礼からの気付き | トップページ | お洋服も日焼けに注意! »

クリーニング豆知識」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダウンウェアとタバコの危険な関係:

« 本社朝礼からの気付き | トップページ | お洋服も日焼けに注意! »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31