何を苦労と感じるか

drama2017年6月7日

どんなことを苦労と感じるか、はもちろん個人差がありますよね。

でも、人間性に照らして、「人の役に立つこと」「人に喜ばれること」については、大変なことも苦労と感じない方が多いのではないでしょうか。

このことから、自分の仕事として「社会の役に立つこと」を選ばれる方が多いと思います。

ヤングドライの仕事も、お客様の

★「清潔に暮らしたい」

★「キレイなお洋服が着たい」

という欲求にこたえる、喜ばれる仕事です。

店舗で仕上がり品をお渡しした時「ありがとう」と言ってお帰りになるお客様がいらっしゃるのですが、「お金もいただいて、さらに感謝の言葉もいただくなんて・・・」とありがたい気持ちになるのです。

ただ、毎日の仕事のなかで、その思い「今、私がしている仕事は、こんなふうにお客様の役に立つ仕事なんだ」ということを忘れてしまうことがあります。

仕事の大義を見失う・・・

そうなると、苦労の部分ばかり自分のなかで大きくなってしまう。小さいわ~

Photo_2

苦労、が膨れ上がってきたら、空を見上げて、大義を思い出そうと思います。

Photo_3

・・・中田

| | トラックバック (0)

引越しから思うこと

dash 2017年5月31日

ワタクシごとですが、この春、引っ越しをしました。

旧住所には、もう十数年住んでいたので、とても大変でしたね~

何が大変って・・・ゴミが多すぎる!

断捨離、整理整頓、暮らしの贅肉をそぎ落とす・・・TV番組でもいろんな企画がありますが、家族三人の暮らしでこんなに不要なものに囲まれていたなんて・・・と、アゼンとするくらいゴミがでました。

Photo

ここ5・6年思い出すこともなかったモノ・・・客観的に考えると、処分でよいハズですが、スパッと判断できないのは、自分にとって何が大事かが確定していない、からなんですかね~

ま、どう考えても、私の未来の時間はこれまでの時間より短いわけで、そういう意味では決断しやすいハズ、なんですけど(笑)

特に、本。家族で、段ボール箱10箱は売りました。でも、まだ多い!

大きく言えば、「これからの持ち時間で何をしていくのか」突き付けられる思いで整理をし、ようやく引越しを終えました。

そして、新居でも、ようやく並べ終わった本を眺めながら、さらに処分して、それから新しい本を買おうと決意しています。

数年後に必ずくる引っ越しの時には、もっとスマートに荷物をまとめるために。

・・・中田

| | トラックバック (0)

採用スケジュール変化の影響?!

eyeglass 2017年5月24日

春は、採用活動の季節だと感じています。

世間的には、大卒等の採用スケジュール変更が取りざたされていますが、ここ数年の揺れを経験したあと痛感するのは、弊社のような中小企業の採用活動的には、そんなに影響はない、のです。

・入社式をはじめとする新入社員の受け入れと並行して、

・次年度の採用計画をたて、

・各種合同説明会の申込みを行い、

・採用コンセプトの見直し、ツールの準備、情報整理・・・

を、毎年同じように春の陽射し・春の雨のなかで行っているのです。

そして大企業は、採用クール1、2回で終了するのでしょうが、弊社は年を越えても継続的に採用活動しています。

その新たな始まりが、春。

Images

(もしかして、その気持ちが油断につながって、採用活動を長期化させているのでしょうか??)

ともあれ、採用活動では外的環境がいかに変化しようと、「採用した若い方々を、ヤングドライという環境でいかにお育てしていくか」は変わらずに志していかねばならない!

ハローワークや新聞社からの「採用アンケート」の、「スケジュール変更に伴う影響」を問う設問への、これが正直な答えです。

・・・中田

| | トラックバック (0)

小学生のころ憧れの職業は「お手伝いさん」

cafe 2017年5月17日

富山大学で2017/5/20(土)に行われる

◆チャレンジングカンパニー富山 2018 in 富山大学

が近づいてきました。

この時期は、学生さんの企業を見る目もできてきたころでは?

自分が働くイメージも、だんだんはっきりしてきていますよね。

仕事が楽しいかどうかは、仕事の顧客はどんな人か?

仕事が顧客にもたらすのは何か?

も大きく影響すると思います。

Photo_2
振り返ると、私が小学校5年生のころ、「将来の夢」的な作文に「大きくなったらお手伝いさんになりたい」と書きました。

その時イメージしていたのは、家政婦さんのような仕事でしたね。

「お手伝いさん」って、誰かの役に立つ、サポートする仕事だと思ったからです。

決して自分がメインになって何かを成し遂げるのではなく、そういう人を手伝うことがしたかった。(望遠)

今改めて考えると、この夢、実現してますね~

・・・中田

| | トラックバック (0)

意識してリラックス!

run 20017年5月10日

全国の新入社員の皆様、いかがお過ごしですか?!

慣れない仕事、慣れない環境、気を張り詰めていて、そろそろ疲れが溜まっている頃ではないかと思います。

そんなときは、気持ちもリラックスできるよう、工夫が必要です。

ピンと張りつめている気持ち、緩めようとしても、なかなか思うように緩まないこともあるんですね。

その分、身体に出たりして・・・・

私も、意識してリラックスするように心がけています。

「意識してリラックス」っていうのが、ムジュンしていますが、そうしないと体が悲鳴を上げてしまう。

ネットや本で、リラックスする方法、たくさんありますので、参考にしましょう。

Photo_2

つまり、自分の気持ち、自分の身体でありながら、なかなか自分の思うようにはならないってことですね。

自分が一番、その時の自分の状態が見えなかったりして・・・

そして、このあともいろんな場面で「緊張が身体にクル」ことがあると思います。

その第一歩が、新入社員の今、なんだと。

皆さんのお父さんお母さんも、同じような経験、されているのではないでしょうか?

・・・中田

| | トラックバック (0)

今日も草むしりしなくちゃ!

bud 2017年5月7日

5月と言えば若葉鮮やかな季節、草木がすくすくと育っていくシーズンです。

(赤ちゃんも、この時期に生まれた子は成長が早いと言われているそうですね)

ヤングドライ本社の駐車場でも、雑草がものすごい勢いで生い茂りつつあります。

そのままにしておくと、どんどん「寂れた会社」のイメージになっていくので、できるだけ早いうちに草むしりを!と思うのですが・・・なかなか追いつきません。

人の気持ちも同じ、と、よく言われますよね。

利己心、妬み僻み嫉み、怠けたい気持ち・・・そういった「どす黒い気持ち」は、聖人君子ではない私たちの心に、時として芽生えることはあります。

でも、そのまま生い茂るにまかせるのではなく、その都度草むしりをして、思いやりや勤勉、誠実などのキレイな気持ちをはぐくむことで、美しい花が広がっていく。

Hanabatake

毎日、少しずつ、キレイなところを拡げていこう!

溜息とともに、そんなことを思っています。

・・・中田

| | トラックバック (0)

本社朝礼からの気付き

note 2017年2月5日(日)

ヤングドライでは、毎朝9時に朝礼をしています。各拠点の工場でも、本社でも。

朝礼では、当番が前にでて、全スタッフに配布されている「ヤングドライ経営理念手帳」を読み上げ、感想コメントを述べます。

先日の本社朝礼でこんなことがありました。

その日の経営理念手帳のテーマ「仕事に明確なビジョンを持つ」にからめて、当番の女性が

「今年の私が目指すテーマは、上品です。一年かけて上品な女性になることを目指します」

とコメントされました。彼女の気取らないキャラクターも相まって、その場の全員が思わず微笑み、応援の拍手をおくる、あたたかいムードになる素敵な朝礼でした。

Photo

続いて社長からのコメントがあり

ヤングドライとしてお客様のために何ができるか、それを明確に思い描いて仕事をすること、それが企業全体の品格につながる、というお話がありました。

聞いていて、改めて自分の仕事に誇りをもつこと、について考えさせられました。

自分の仕事がナンボのものか、決めるのは誰でもない自分です。

つまんない仕事、友達や家族にも話すことのない仕事だと、自分で思ってしまったら、それだけのこと。

でも、どんな仕事でも、「誰の顔を思い浮かべてするのか」「どれくらい心を込めてするのか」それを決めるのは自分で、そんな仕事の仕方が品格になるのだと思いました。

ヤングドライ1200名強のスタッフが、仕事に誇りをもち日々の仕事に励んでいれば、会社全体の品格が高まるんですね!(^^)!

このことを忘れずに、今日も仕事に取り組んでいきたいと思います。

・・・中田

| | トラックバック (0)

今日は全力で・・・

punch 2017年2月1日(水)

「今日は全力で仕事したぞ!胸を張って言える一日だった?毎日忘れずに振り返ってみて!」

そんなポスターが、社内のパーティションに貼ってあります。

ちょうど、私が座っている席の真横なので、一日に何回となくその言葉が目に入るわけですが・・・。

なかなか、こうは思えませんね。

仕事には、一日ずつ区切りがつく仕事とそうでないものがあるのかもしれませんが、私の主な仕事「採用」は、

★今日やるべき仕事は全部やりきった!

と量的な区切りを、なかなか付けられないように思います。

あれもこれも、やったほうが良い仕事は常にあり、「今日はもう帰る時間だし、ここまでで、残りは明日のココロだ~」と見切りをつけて帰る日がほとんど。

すっきりしないですね~

でも、そのなかで、ひとつひとつの仕事の質を高め目指すことに近づけるように知恵を働かせることを続けていけたら、この問いにも気持ちよく「YES]が言えるのかもしれません。

Sukkiri

・・・中田

| | トラックバック (0)

変化のきっかけ 大学訪問

book 2017年1月29日(日)

先日来、各地の大学キャリアセンターへご挨拶に伺っています。

これは、富山県中小企業団体中央会の事業の一環として、富山県の採用担当者が「採用力アップ」を目指して参加したセミナーでの企画です。

いや~

反省、気づき、共感、発見でいっぱいです。

列記するとキリがないですが、

アドバイザーの辻先生が各大学であいさつの際使われるキーワード「待っていてはダメ」だったのです。

採用担当者も変わらなくちゃ。

キャリアセンターは恐ろしいスピードで変化していらっしゃるのです。

学生さんが変化しているから、ですよね。

Hennka

ヤングドライの強み、例えば、社名で商売の内容をわかってもらえるところ、など。

そこをもっと活用しないと!

そのイメージをさらに拡げていかないと。

頑張ろう、活を入れていただいています。

・・・中田

| | トラックバック (0)

禊で迎える新年の清々しさ

run 2016年12月28日(水)

年末の今頃は、大掃除でバタバタしている方も多いのでは?

Photo_2

この大掃除というのは、「禊」でケガレをはらって新たな年を迎えよう、ということですよね。

意識していなくても、日本人の心のなかにある神道的な感性による行動では?と思います。

私自身、気の張る仕事の日には、朝からシャワーで斎戒沐浴して、ケガレを払って臨む、という感覚が。

同じように、お掃除には、している自分の心までも清めている、という感覚があります。

これは、「きれいにする」ことを生業にしているクリーニング業にも通じます。

もちろん、掃除しようがしまいが、1月1日の朝は万人に共通に来るのですが、清められた空間には、より清々しい新年が訪れるように思えるのですね。

最近雑誌にはミニマルライフやシンプルライフのような「ものを持たない」暮らしが取り上げられたりしていますが、これもびっしりとモノが配置された空間ではなく、すっきりとモノがない空間を「すがすがし」と感じるからだろうな、と思っています。

ともあれ、新たな気持ちでまた日々を刻めることに感謝しつつ、新年を迎えたいと思います。

・・・中田

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧